Search

higa-design建築設計事務所(ヒガデザイン)

ブログ:設計料について


よく雑談の中で「建築の設計料っていくらですか?」と聞かれることがあります。
いきなり設計料と言われても規模、構造、用途、その他様々な内容によって異なります。
今まで私が設計してきた物件は、何かしらのクリアーしなければならない問題、手間や時間が掛かるもので一概に定数をかけて算出しにくいものが多いです。
そういうことを説明しても質問してくるので、世間一般に言われている設計料を伝える。

すると決まって「高い!」という顔をされたり、ハッキリ言われたします。
我々の仕事は依頼を受けて敷地調査、提案、基本設計、実施設計、申請手続き、見積もりチェック、金額調整、現場設計監理、初めから終わりまで何度も打ち合わせをしますし、完成後も不具合や要望があれば現場に行きます。1年は掛かるしそれ以上の物件も多いです。

そんな我々の仕事量をわかっていないから「高い!」と思うんだろうし、
私の方も言われても平気ですよという表情をしてますが、実は心の中では悲しんでいます。
これは設計を続けて行く上でずっとついてくるテーマです。

最近は色々考え「セコムより安いですよ」と言っています。
我々の仕事は建物が完成したら終わりではなく、建物が存在する限り続いていくケースがほとんどです。
建物が存在し続ける期間で設計料を月割りすると毎月のセコムの契約料と比べても安いし、物件によっては毎月の新聞代と同じくらいになります。

なんだかんだと余計なことを考えていますが、結局のところお客さんが価値に値するものと理解してお金を払ってくれるよう我々は仕事に精進するだけです。